壱角家 西葛西店

壱角家 西葛西店

家系ラーメンを提供するラーメン屋さん、壱角家は西葛西に2つの店舗を構えています。今回は東西線の線路の下にあるメトロセンターの壱角家ではなく、比較的以前から葛西中央通り沿いにある方の壱角家 西葛西店へ行ってきました。何度も行ったことのあるお店ですが、久々に訪れてみました。

壱角家は家系ラーメン屋

壱角家は西葛西以外にも店舗を多数持っているので、知っている人もいるかと思いますが、家系ラーメンのお店で、ごはん食べ放題。店員さんに注文するタイプではなく自分からご飯をお茶碗に好きなだけ入れられるという食いしん坊にはたまらないお店です。そんなお店で注文するのはいつも普通のラーメンです。食券を購入するタイプで、お店の扉を開けると目の前に券売機が鎮座しているので迷うことはないはずです。

いまいちわかりにくい券売機

以前はそんなことなかったのですが、しばらく行かないうちに券売機がタッチパネル式に変更になっていました。これが見づらい。メトロセンターの方の店舗でもタッチパネル式が採用されていて、こちらのタッチパネルも見づらかったのですが、葛西中央通り沿いのこちらの店舗も同じになっていました。何がわかりにくいのかというと、スタンダート、つまり一番安くて手頃なラーメンの位置が微妙なところにあるということ。普通はこういったスタンダードなものは一番目立つところに表示しておいてほしいのに、値段もそこそこ高めの初めて訪れたお客は少し考えてしまうような商品が大きく表示されています。初めて来た場合はとりあえずスタンダードなものを注文する人が多いと思うので、もう少し目立つ位置に表示してもいいのでは?と思いました。

お客は全員常連さんなの?説明皆無の接客

初めてこのお店を訪れた時から最後に行ったつい最近まで、一度も店内の説明を店員さんから受けたことがありません。昼、夜(深夜)のどちらの時間帯でも同じです。大きくご飯が無料だと看板を立てているにもかかわらず、それに関する説明は一切なし。初めて来た時はてっきり店員さんに注文するものだと思って、「ご飯いただけますか」と聞いてしまったくらいです。その後はセルフでご飯を持ってくるタイプであることは知っていましたが、説明を受けることはありませんでした。何度か行っている間に、おそらく初めてだろうと思われるお客さんが店員さんにご飯を注文している姿を目にしました。

ちなみに、このお店はご飯の位置とドリンクバー?の位置が同じです。無料のものと有料のものが並んでいるんです。注意書きはありません。もちろん有料なので気をつけて。

ラーメンの好みについては聞いてくれる

券売機から吐き出される食券には麺の硬さ、スープの濃さ、脂の多さを調節できる旨記載されています。これは食券を渡す際に店員さんが「お好みどうしますか?」程度の質問をしてくれるので、好みに合わせて伝えるとその通り作ってくれます。

行くたびに味が違う

チェーン店なので、味はいつ食べても同じもというのは通用しないタイプのお店です。いつもこのお店を利用する時は、麺固め、スープ濃いめ、脂多めで頼むのですが、麺はそんなに硬くなかったり、スープが濃すぎたり、脂が多すぎて見た目が明らかにおかしいこともありました。前回と違っても仕方ないという気持ちで、先程のように好みを伝えます。ちなみに、同じ西葛西にあるメトロセンターの店舗で同じように頼んでも違う味が出てくるので不思議です。

ラーメンは美味、好みで薬味も無限トッピング可能

店舗が沢山あるので、味は良い方だと思います。玉ねぎ、にんにくが入れ放題なので、好みに合わせて無限にトッピングするこができます。ちなみに、玉ねぎの入ったケースの蓋に貼られているテプラの文字がおかしいのは、いつ直るのかなと行くたびに思っているのですが、全然正される気配がありません。このまま直さず進んでほしいです。

ラーメンを少し食べたら、玉ねぎを多めに入れて味を変えます。以前はにんにくを大量に入れていたのですが、最近はどちらかと言うと玉ねぎを入れるほうが多くなりました。なんというかあの辛味がいい感じに合うんですよね。色々なお客さんが入れるからか、それとも補充しないのか、ケースの中に沢山の玉ねぎが入っているのを見たことがありません。

こうやって改めて見てみると、ほうれん草少ないですね。今回のラーメンも脂多めで注文しましたが、ものすごい量でした。プカプカ。

ホームページには無料で有料トッピングが1品つけられるクーポンも

面倒でない時は事前に壱角家のホームページ内にあるクーポンページを準備しておきます。クーポンページを店員さんに見せることで、有料のトッピングを1品無料でゲットすることができます。しかしこれは全品というわけではなく、ホームページに記載されているトッピングから1品となります。半熟味玉、うずらの卵、ほうれん草、のりの中から1品です。結構お得になるので、壱角家に行く際はこのクーポンページを見せると良いと思います。

ポイントカードもある

席には壱角家のポイントカードが用意されています。食券を渡す際にポイントカードを店員さんに渡します。これを10回繰り返すとラーメン無料という素晴らしいカードです。何度も訪れるつもりのある人は無料ですので、是非ポイントカードを手にすることをオススメします。

店員さんの動向

お店全体の雰囲気等

基本的に接客等は不愉快になることはありません。まあラーメン屋ですから、お客と店員さんの接する時間が短いので目立たないだけかもしれませんが、至って普通です。お店の床はベタベタしていることなどはなく、綺麗だと思います。ただ、忙しくなるお昼時と夕食時は店員さんの掃除が雑になっているのを何度か見かけています。具体的には、お客が帰った後のテーブルやカウンター席の水拭きが適当。自分の隣のお客が帰った後に急いで食器を下げた店員さんは適当に水拭き。直後にその席へ新たなお客が着席しましたが、ティッシュでカウンターのゴミを拭き取っていました。これはお昼時に多い気がします。

元気のあった店員さんはどこへ

初めてこの店舗に訪れた際にとても記憶に残る店員さんがいました。入店時に大声と表現してもいいほどの大きな声で挨拶、お店を出る時も大声で挨拶にお見送り。その店員さん、かなりうるさかったのですが何度か行っている間にクセになりました。しかし、しばらく行かず久しぶりに行ってみるとあの元気な声は聞こえず。少しさみしい気持ちになりながら席に座ります。最後に行った時は、ご飯の時間帯から外れていたためかあまりお客さんもいなかったので店員さんにもあまり活気がなく、余計寂しくなってしまいました。

メトロセンターの店舗より断然良い

駅から近いということもあり、こちらの店舗よりもメトロセンターの方の店舗を利用しがちなのですが、いつの間にかご飯無料が18時までとなりました。完全に改悪です。フロアの店員さんはテキパキしており非常に良いのですが、厨房で調理をする店員さんは私語が多く、カウンターに座ってラーメンを待っている間に聞きたくもない会話が耳に入るため結構不快です。

しかし、こちらの店舗はそういったことを感じたことはありません。先程も書いたとおり、活気のないことも多少ありますが、店員さん同士がぺちぇくちゃ喋っているより逆に静かな方がマシです。なので、時間のある時に壱角家のラーメンが食べたくなった時はメトローセンターの店舗ではなくこちらを利用するようにしています。

終わりに

西葛西はそれなりにラーメン屋さんの多い地域です。新しいラーメン屋さんがオープンしては閉店をしたり、逆に地域に根づいたラーメン屋さんもあります。チェーン店だからとあぐらをかいているとすぐになくなってしまう中、こちらの店舗はそれなりに長く続いているのでないでしょうか。やはり駅から若干遠いということもあり、新田の方やあちらの方に住んでいる人以外は利用しづらいというのが難点ですが、総合的に見ても、チェーン店というのが幸いして気難しかったり、入りにくいという雰囲気は一切ありませんので、また来たい度は高くなります。

先程も書きましたが、ご飯食べ放題にいきなり時間制限がつくという改悪をした店舗もありますが、こちらは食べ放題継続中です。夜ご飯をガッツリ食べたい人はそれだけでも行く価値アリ。

飲食店カテゴリの最新記事